豊田高専鉄道航空研究同好会

背景画像
  1. ホーム
  2. ギャラリー
  3. ジオラマ
  4. Project TAMANO

Project TAMANO

概要

Project TAMANOとは、こうよう祭の出展物として2007年から2009年にかけて製作を行った鉄道模型ジオラマです。

モチーフとしている場所は中央西線と愛知環状鉄道線が交わる、愛知県春日井市玉野町(高蔵寺)です。

なぜ高蔵寺なのか

愛知県東部を南北に貫き、本校の近隣を通る愛知環状鉄道線の終点駅であり、中央西線の主要駅であること。 また鉄道ジオラマとして見ごたえがある線路構造や駅構造を成していることが理由として挙げられます。

玉野町は高蔵寺より2kmほど東に立地した農地や住宅街の広がる場所です。

名古屋から住宅街の中を駆け抜けてきた中央西線が高蔵寺から沿線風景が大きく変わり、 庄内川に沿って定光寺、古虎渓へと風光明媚な沿線風景を楽しむことができます。 その景色の大きな転換点であるのが春日井市玉野町なのです。

その風景を鉄道ジオラマにするにあたって、いかにして自然の中を駆け抜ける列車を再現するかが重要な鍵となってきます。

現在

残念ながらこのレイアウトはしばらく倉庫にて保管された後、新規レイアウトと引き換えに廃棄処分となりました。

近年は他のレイアウトを新規制作・改良し、こうよう祭にて展示しております。

ページのトップへ戻る