豊田高専鉄道航空研究同好会

背景画像
  1. ホーム
  2. 同好会について
  3. 基本活動

基本活動

作る

当同好会のメイン活動とも言える活動で、鉄道模型ジオラマやミニ電車の制作を行っています。

制作を通して、全員で協力して大きなものを作り上げるという貴重な体験をすることができます。

ジオラマの制作風景

撮る

同好会活動の一環として、撮影活動も積極的に行っています。
日常の風景を記録するもよし、ネタを狙ってもよし。そこは会員の自由です。

撮影した写真の一部は印刷して本校の学祭「こうよう祭」で展示を行っています。

列車の撮影風景

乗る

長期休暇の遠征などを通して様々な列車に乗ることで、鉄道についての知識を深めることができます。
当同好会では自らの体験を生かしてレポート制作を行い、ブログへの掲載を行っています。

2020年1月には、城北線車両をまるごと1両貸し切って新年会貸切列車を運行しました。

列車の乗車風景

知る

本校図書館に所蔵されている書籍やインターネットなどの様々な手段を駆使して、鉄道や航空についての学術的な知識を付けていきます。

本校図書館には鉄道航空関連の雑誌に加え、鉄道工学の専門書や時刻表も所蔵されています。

図書館の蔵書

話す

テスト期間中を除く毎週水曜日の昼休みに図書館下の多目的スペースで会員が集まって「こうよう祭」への計画を練ったり、雑談をしたりして会員同士の交流を深めています。

多目的スペース
ページのトップへ戻る