豊田高専鉄道航空研究同好会

背景画像
  1. ホーム
  2. 同好会について
  3. 鉄道航空研究同好会とは

鉄道航空研究同好会とは

鉄道航空研究同好会(略称:鉄航研)は、平成18年4月に設立された鉄道や航空についての研究を行う同好会です。
研究自体は個人活動が中心ですが、同好会ということを生かして毎週話し合いの場を設けたり、長期休暇には会員が集まって遠征を行ったりしています。

また、毎年11月上旬に開催される本校の学祭「こうよう祭」に鉄道模型ジオラマやミニ電車などを出展しています。
(2017年に同窓会賞受賞、2019年に同好会優秀賞と同窓会賞受賞)

活動は誰でも参加ができるほど気軽なものなので、興味のある方はお気軽にご入会ください。

こうよう祭の展示風景

沿革

2005年度後期 同好会設立を目指す為、初代会長と初代副会長が準備に取り掛かる。
2006年4月 学生総会で賛成多数により同好会設立。当時の会員は3名。
2006年7月 第一回「こうよう祭ヘッドマークプロジェクト」始動。
2007年4月 プロジェクトTAMANO」始動。一年生の入会により会員数6名に。
2007年5月 第一回新入生歓迎会を実施。
2007年11月 こうよう祭での成果が認められ、敢闘賞を受賞。
2012年11月 ブログを設立。ブログの更新を始める。
2013年7月 ホームページを一新。会員数9名に。
2013年11月 ミニ電車(当時の名称:乗用電車)が完成。こうよう祭にて運行を開始。
2015年2月 平芝坂の上公園SL保存会への参加を開始。
2017年11月 こうよう祭での成果が認められ、同窓会賞受賞
2018年5月 ホームページをスマートフォンからの閲覧に対応。
2019年1月 Twitterの運営を開始。
2019年11月 こうよう祭での成果が認められ、同好会優秀賞&同窓会賞ダブル受賞
2019年12月 常時SSL対応の新サーバに移転。それに合わせてアドレスを変更。サイトデザインも見直しを図る。
2020年1月 東海交通事業城北線にて本同好会初の試みとなる新年会貸切列車を運行。
ページのトップへ戻る